MENU
  • HOME
  • ぶりしゃぶメニュー
  • 知ったかぶりしゃぶ
  • ぶりしゃぶレシピ
  • お問い合わせ

新橋 和食居酒屋 酒肴旬菜・おおあみ寒い季節の定番人気メニュー「ぶりしゃぶ」

「新橋 和食居酒屋 酒肴旬菜・おおあみ」では富山産の新鮮魚介のお造りをメインとしたご宴会コースのメニューがございます。
鍋料理では、ぶりしゃぶ、あんこう鍋など毎年ご好評をいただいております。
特にぶりしゃぶは、近年CMでも話題になり、毎年多くのご予約をいただく定番メニューとなりました。
当店のぶりしゃぶは、富山でとれる新鮮なぶりを航空便で仕入れており、自信を持っておすすめする鍋料理です。

酒肴旬菜・おおあみで愉しむ「ぶりしゃぶメニュー」
○ぶりしゃぶ鍋コース 1人前6,300円(税別)〜
 【先付け・替・造り・焼物・ぶりしゃぶ・雑炊または氷見うどん】
(お2人様から50人様まで承ります。2日前までにご予約ください)
○ぶりしゃぶ 1人前3,200円(税別)〜
(2人前からお願いいたします。2日前までにご予約ください)
■ぶり、鮟鱇、など魚介類は富山県産です。天候や航空便などの都合で入荷困難の場合は他県産を使用することがございます。あらかじめご了承ください。
■価格はすべて税別表示です。精算時に別途消費税を申し受けます。
■申し訳ありませんが、のみ放題はお受けできません。
■新橋 和食居酒屋 酒肴旬菜・おおあみ・電話03-3591-9206

知ったかぶりしゃぶ1:しゃぶしゃぶから「ぶりしゃぶ」へ
しゃぶしゃぶ」は第二次大戦後の昭和20年代に、大阪で始まったといわれています。

しゃぶしゃぶという名称は、昭和30年に大阪の「スエヒロ」によって商標登録されているそうです。

しかし当時スエヒロの社長はどの店でも「しゃぶしゃぶ」という語を使えるよう、「肉のしゃぶしゃぶ」と商標登録したそうですね。

もともとは、中国の鍋料理のシェワンヤンロウ、あるいはモンゴル料理のサンヤンロウ辺りがオリジナルのようです。
どちらも羊肉を屋外で凍らせ、薄くスライスして、煮立った湯で湯振りし、タレで食するものです。

日本のしゃぶしゃぶは羊肉を牛肉にかえたものです。
湯を通して肉の脂を洗い落とすという、よりおいしく食べるための知恵でもあるのでしょう。

さらに、牛肉ではなく 脂の乗った寒ブリでのしゃぶしゃぶが「ぶりしゃぶ」となるのです。

知ったかぶりしゃぶイメージ


知ったかぶりしゃぶ2:天然ぶり? 養殖ぶり?
ぶりしゃぶ に使うブリのお話です。

養殖のはまちやブリでもいいのかと訊かれますと
"かまいませんが、お味は断然 天然 のものが勝ります"と、お答えしています。

寒ブリ といわれますように厳寒期の天然ブリはことのほか旨くなるものです。
脂がのった寒ブリ刺身の旨さは格別です。醤油をはじくほどの脂があってもしつこいという感じは受けません。

これが養殖物となるとそうは行きません。

知ったかぶりしゃぶイメージ


知ったかぶりしゃぶ ぶりしゃぶをめぐるアレコレ。